新型コロナウイルスの検査について

この度、当院ではアボット社製の遺伝子増幅検査機器「ID NOW™」を導入致しました。NEAR法という遺伝子検査で、1検体あたり13分程度で結果が判明します。精度はPCR法と同等とされ、厚生労働省の承認も受けております。海外渡航用には RT-PCRが求められるため、従来通りSmart Gene®(MIZUHO MEDY Co.,Ltd.)でのPCR(最短1時間強で結果判明)も並行して行ないます。いずれの場合も、即日で結果をお伝え致します。(人数が多い場合はご相談ください。)
アボット社の ID NOW™ についての詳細はこちら

発熱のある方や濃厚接触と認定された方への対応について

当院は発熱の方を診察する診療・検査医療機関として都から指定されており、発熱がある方、保健所から濃厚接触者と認定されている方など医師が必要と判断した方の新型コロナウイルス感染症に対する検査・診断は公費負担で実施致します。(初診料・院内トリアージ料・処方箋料などは別途負担が発生します)。
待合のスペースが限られるため、できるだけ受診前に連絡をお願い致します。自費の検査の方がいらした場合はそちらを優先することがあります。

自費検査について

無症状で遺伝子検査を受けたい方への自費診療も行ないます。海外渡航用にはRT-PCRが求められるため、従来通りSmart Gene®(MIZUHO MEDY Co.,Ltd.)でのPCR(最短1時間で結果判明)も並行して用います。
ミズホメディー社 Smart Gene についての詳細はこちら
NEAR法での証明書には遺伝子検査(NEAR法)と記載致しますのでご注意ください。

NEAR法 20,000円(税込)
PCR 25,000円(税込)

※いずれも証明書1通含む

検査結果について

検査を受ける方が複数いらっしゃる時は結果が出るまで上記の時間以上にかかることもございます。また検査の順番は自費の方を優先で行ないます。検査結果待ちは院外でお願い致します。
結果が陽性だった場合、法律に基づいて保健所に速やかに報告する義務があります(報告は医師が行ないます)。追って保健所より連絡がありますので、療養方法などについてご相談いただきますようお願い致します。

新型コロナウイルス感染症
抗体検査(簡易キットによる迅速検査)

新型コロナウイルス感染症
抗体検査(簡易キットによる迅速検査):6,000円(税別)

指先などから少量の血液を採取して行ないます。痛みもほとんどなく、院内感染のリスクもほぼありません。イムノクロマト法により15分程度で検査結果がわかります。感染初期に作られるIgM抗体と感染から時間が経ってから作られるIgG抗体の区別がつきます。過去2週間症状や濃厚接触がなかったという前提での検査になりますので、IgM抗体が陽性であれば感染後間もない可能性も考慮して出社や登校を控え自宅待機を促します。IgG抗体が陽性ならば過去の感染が考えられますが、IgG抗体があっても再感染しないとは限らないといわれており、引き続き感染予防に努めて頂きたいと考えます。

新型コロナウィルス抗体検査について

検査対象の方

  • 2週間以上前に体調不良があり確かめたい方
  • 新型コロナウイルスの患者さんや風邪の方と接する機会が多いお仕事の方
  • 不特定多数の方と日常的に接する機会が多い仕事の方
  • 自分が他の人にうつしてしまわないか不安な方

上記のような方で、新型コロナに罹患したかどうかが気になる場合におすすめです。

抗体とは

抗体は免疫グロブリンと言われ、体の免疫が作り出す免疫物質です。ウイルスや細菌などが体内に侵入すると異物を除去するために、免疫細胞が抗体を産生します。産生された抗体が、ウイルスなどと結合し、白血球やマクロファージといった細胞が体内からウイルスを除去します。
抗体はIgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5種類に分類されます。このうちウイルスの排除に主に関係するのがIgMとIgGの2種類です。

PCR検査との違い

症状が出る前の時期(潜伏期)にウイルスが体内で増え、症状が出てくるとPCR検査によりウイルスを発見することができるようになります。発症から1週間を超えるとウイルスはほとんど排出されなくなり、人への感染性はなくなります。
PCR検査は数週間にわたり陽性が出続ける例もありますが、これはウイルスの残骸を検出してしまうためと言われています。

新型コロナウイルスのIgMは発症から数日(報告では最短で4日)、IgGはIgMと同時か数日遅れて出てくることが多く、IgMはその後消失しますが、IgGは長く体に残存します。
IgMは発症後2-3週間でピークに達した後低下し始め、5週目までに低いレベルに達し、7週目までにほぼ消失するのに対しIgGは7週以上持続します。

こうした検出時期の違いから、発症後早期の診断にはPCR検査が、発症後2週間以上経過した場合には抗体検査がおすすめされます。

新型コロナウイルス感染症
抗体検査(検査センターでの精密検査)

新型コロナウイルス感染症
抗体検査(検査センターでの精密検査):4,000円(税別)

採取した血液をSRL社の検査センターに送ります。結果が出るまで2-4日かかります。感染初期に作られるIgM抗体と感染から時間が経ってから作られるIgG抗体の区別はつきませんが検査の精度は非常に高いです(偽陽性・偽陰性が少ない)。過去2週間症状や濃厚接触がなかったという前提での検査になりますので、陽性であれば過去に感染した可能性が高い、陰性であれば過去に感染した可能性は低いと考えられます。いずれにしましても、抗体の持続期間や感染防御効果などの詳細もわかっておりませんので引き続き感染予防に努めてください。

なお、抗体検査の結果の解釈や有用性が確立されていませんので、抗体検査についての陰性証明書などの発行は基本的に行なっておりません。また、抗体検査を確定診断に用いることはできません。結果によらず、PCR検査の紹介は行なっておりません。

Q & A

Q:PCR検査の精度はどのくらいですか?

感度60~90%強(報告によりばらつきあり)、特異度はほぼ100%と上述していますが、感度とは、陽性の方が、陽性と判定される確率を指します。特異度は、陰性の方が陰性と判定される確率です。
絶対の検査はなく、検査の利点や欠点を理解して判断しなければなりません。
例えば感度70%の場合、陽性の方でも「陰性」と判定される可能性も含まれます。
ただし、症状がある方と無症状の方では、検査前確率が変わります。そういった事も踏まえた解釈が必要です。ただ、本当に陰性の方が、誤って陽性と出てしまうことはほぼありません。

Q:PCR検査の方法で、鼻から検体をとる方法と、唾液から検体をとる方法ではどのような違いがありますか?

鼻からスワブで検体をとる方法は痛みを伴うほか、飛沫が飛ぶリスクがあります。
唾液をとる検査の方が、検査を受ける方・医療従事者の双方にとって優しい検査と言えます。厚労省の発表でも、発症から2~9日以内では差がないことから、唾液検査が保険適応で認められています(2020年6月以降)。

Q:陽性が出た際の対応について教えてください

陽性が出た場合の保健所への報告などは、当院が行わせていただきます。
治療・療養を受ける際の、医療機関への情報提供なども当院が行いますし、その後のサポートも致します。

Q:無症状でも唾液PCR検査は可能ですか?

可能です。厚労省は、鼻の奥の粘液でのPCR検査とほぼ同等の精度があるとしています。但し、海外渡航前の方には、唾液検査だと認められない国が多いため、鼻からの検査をおすすめいたします。

Q:PCR検査と抗体検査の違いをどのように考えれば良いですか?

PCR検査は、今現在、感染しているかを判定します。
一方、抗体検査は、過去に、感染したことがあるかを調べます。
PCR検査は、ウイルス遺伝子の一部分を切り取り、増幅させることでウイルスが体内にいるかを判定する検査です。感度が高く、PCR検査で陰性と出た場合は、本当に陰性である確率が高いと言えます。
また、抗体とは、体内にウイルスが侵入した際、それを除こうとして生成されるウイルスを攻撃する武器です。抗体は、感染後、数日~数週間かけて作られます。
実際に抗体検査の陽性反応が出るのは、発症から2週間程度で8割、3週間程度でほぼ10割とされています。